婚活お役立ち情報




外見の重要性


 「外見は気にしない」という方の言葉の前に、(許容範囲内なら)という言葉が隠れていることを、婚活中の方は理解していない事があります。
アメリカの心理学者の研究結果によると、初対面の第一印象を決める情報の割合は、視覚情報が55%、聴覚情報が38%だそうです。
視覚情報というのは、主に「身だしなみ」「表情」
聴覚情報は「声の質」「大きさ」「話すテンポ」
それ以外、つまり「話の内容」は、たった7%の割合しか占めていないのです。
 更に人が「見た目」で第一印象を決定するまでにどのくらいの時間がかかるかというと、たったの6秒~15秒です。
婚活中「外見でなく、中身を選んでくれる人を探そう」と思っているなら、変えたほうが賢明です。
第一印象の93%は、外見と声の調子により、出会って数秒で決められてしまっています。
第一印象が悪ければ、自信のある中身を見てもらうチャンスさえ訪れないのです。


ファッションの重要性


「内面重視」とはいえ、わざわざ見てくれの悪い人の中から相手を選ぼうという人はいない、と自覚することが必要です。 身だしなみ、表情、声の大きさ、話すテンポなど意識して、ちょっと練習するだけですぐに改善 しますよ。


コミュニケーション弱者


 婚活中で、条件も悪くない、人柄も悪くないのに相手が見つからない。こういう人は、だいたいコミュニケーション弱者、恋愛弱者です。出会うことはできても、その先に繋がらない。皆さん、コミュニケーションて何だろうと考えますが、婚活中の人が考えなくてはならないのは、男女・異性コミュニケーションについてです。
自分の好きなこと、自分の趣味などについてはいくらでも話せたりするものですが、人の話を聞くことができない、という人は沢山います。
 つまらない人だと思われたくないあまり、自分の仕事や趣味の話を延々としてしまい、相手の話を全く聞こうとしなかったという経験はないですか?

会話力の重要性

 婚活は異性と出会い、他者である異性を自らの人生に取り込むことを選択することです。
相手のもつ条件や外見のみでなく、その人がどういう人なのか、どんな価値観を持っているのかは、相手の話を聞かなければ分からないことです。
 結婚できない人は、コミュニケーション能力を磨かなくてはなりません。話し方教室に通う事や流行りモノに詳しくなることだけではなく、相手の話をきちんと聞くことが出来る人間になることが必要だと思います。



真剣に婚活する気持ちを示す


 結婚しないで過ごし、孤独な独居老人にならないためにも婚活は必要ですが、「恋愛したい」と「結婚したい」の区別がついていない方が多いようです。
 出会い系サイトや合コンには、恋愛市場から撤退していない既婚者・パートナー保持者が混じっている事があります。
 本気で結婚相手を探しているなら、周囲の既婚者の友人に「本気で結婚相手を探している」と話し、味方につけることです。既婚者は結婚に関しての先輩になります。方法を知っています。また、奥様・旦那様がいるわけですから、友人を紹介してもらえるかもしれません。
 逆の立場だったら、本気なのか分からないのに、本当に結婚したがっている人を紹介できないですよね?
結婚したい気持ちが本当であることを示しましょう。女性は積極的な方が増えてきた半面、男性は恥ずかしいのか本心を隠す傾向にありますが、中途半端な気持ちや態度では、いくら時間とお金を使っても婚活は成功しません。



もっと詳しく、婚活のお役立ち情報を教えてほしい方はこちらへ
お問い合わせ